ENGLISH
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口
 
TopPage > 製品情報



2018.11.22

3次元ポータブルレーザースキャナZEB HORIZON新発売!

弊社が国内正規代理店をしている英国のGeoSLAM社がこの度新型の3次元ポータブルレーザーマッピング装置「ZEB HORIZON」を発表しました。
従来製品のZEB-REVO RTと比較しスキャンレンジが最大100mまで延伸、スキャンレートは300,000スキャナーポイント/秒と大幅に増えました。

ZEB HORIZONはどこにでも持ち運び可能で、GPSを使用しない3次元ポータブルマッピングテクノロジーです。
ハンドヘルド端末で軽量、そして簡単に使える3次元レーザースキャナーを使用して歩きながらのスキャニング操作で短時間で高精度3Dモデルを作成することができます。
あらゆるものをマッピングできる完璧なソリューションです。



2018.08.22

GPS不使用の3次元ポータブルレーザースキャナー新発売

弊社は英国のGeoSLAM社の正規販売代理店としてこの度GPSを使用しない3次元ポータブルマッピングテクノロジー3次元レーザースキャナー GeoSLAM "ZEB-REVO RT"をこの度発売開始しました。
どこにでも持ち運び可能で、GPSを使用しない3次元ポータブルマッピングテクノロジー。
ハンドヘルド端末で軽量、そして簡単に使える3次元レーザースキャナーを使用して歩きながらのスキャニング操作で短時間で高精度3Dモデルを作成することができます。
あらゆるものをマッピングできる完璧なソリューションです。



2018.06.01

Matrice210 + ジンバルタイプRedEdge-M 新発売

ジンバルタイプ専用の取り付けキットを使用してRedEdge-Mカメラ、GPSレシーバー及びDLS日光センサーを搭載したMatrice210を発売開始。
Matrice210のジンバルインターフェイスにジンバルタイプのマウントキットを取り付けたRedEde-Mを装着します。RedEdge-M用のGPSレシーバー及びDLS日光センサーは機体正面を見て右側に張り出す形でマウンキットの上に固定します。GPSレシーバー及びDLS日光センサーは RedEdge-Mと専用のケーブルで接続されます。ジンバルタイプのマウントキットと称していますが機体に対して固定されますので機体の傾きと一緒にカメラは傾きます。カメラへの電力をジンバルインターフェイスから取得しています。


2018.05.01

FLIR熱赤外線カメラ搭載 Parrot Bebop-Pro Thermal

Parrot Bebop-Pro Thermalは、建築家、建築業者、不動産業者、消防機関、自然保護機関、そのた熱分布を利用する多数の産業分野で熱赤外線カメラと可視光カメラを併せ持つ低価格で小型タイプのドローンです。
建物の屋根などを通常の画像と熱画像で撮影し、熱の異常などを迅速に把握できます。
新しく開発されたFreeFlight Thermalモバイルアプリは、Parrot Skycontroller-2に接続されたスマートフォンやタブレットに、ビジュアルイメージと熱イメージの両方をライブストリーミングで配信し録画にも対応します。
Parrot Bebop-ProThermalは605gと軽量かつ堅牢で、安全で持ち運びが容易です。
14MPのフロントカメラは、高解像度の写真とフルHDビデオ1080pを録画可能。
アプリのParrot Skycontroller 2を使用すると、自律飛行で正確なフライトが可能になり、人がアクセスできないエリアも調査できます。


2018.01.10

Sequoia搭載のドローンParrot Bluegrass発売開始

マルチスペクトラルカメラSequoia搭載の回転翼タイプドローン "Parrot Bluegrass"(パロット・ブルーグラス)をこの度発売開始致しました。
「パロット・ブルーグラス」は農業用に特化して設計された初めてのパロット社のドローンで、新たにビジネスドローンとしてパロット社の産業用ドローングループに加わりました。
自律飛行・自動空撮作業はPix4Dcaptureのアプリで実行できます。空撮データの処理はPix4DmapperあるいはPix4Dagを使い反射率マップを作成します。


2018.01.10

Sequoia搭載の固定翼ドローンParrot Disco-Pro Ag発売開始

マルチスペクトラルカメラ Sequoia搭載の固定翼タイプドローン Parrot Disco-Pro Agをこの度発売開始致します。回転翼タイプドローンと違い長い航続距離を誇り広い農場をマルチスペクトラルカメラSequoiaでスキャン出来ます。

特徴:
(1)推進力は多数のプロペラを持つマルチコプターとは違い、本体の後部に搭載した
プロペラで飛行。着陸時はプロペラが自動的に逆回転しブレーキをかけます。 胴体着陸時はプロペラの羽根が後方にたたまれます。
(2)内蔵バッテリーによる飛行時間は最長で30分とドローンとしては長時間飛行が可能
(3)機体正面に前方監視用に14メガピクセルの広角フルHDカメラを搭載、内蔵した32GB
ストレージに Sequoiaカメラで取得した4波長の画像とRGB画像を保存


2017.09.29

NDVIセンサー Sentera搭載のPhantom4 Pro

米国Sentera社
のシングルNDVIセンサー 搭載のPhantom4 Proを発売開始。Sentera社NDVIセンサーは高精度にもかかわらず非常に小型であるため機体に搭載されている光学カメラはそのままの状態で機体後部に取り付けることが出来ます。また、Sentera社の自動飛行・自動空撮アプリのAgVault Mobileを使用する事により自動飛行中にNDVIセンサーのみならず光学カメラも自動空撮が可能です。
取得したマルチバンド及びRGB空撮画像はPix4Dmapperで画像処理し、NDVIマップ作成、またRGB画像では2次元オルソ、3次元点群データ作成が出来ます。
もう一つの特徴として、日光センサーは不要です。Sentera社の厳密な検証では、同社のNDVIセンサーは日光センサーを使用した場合と使用しない場合のデータ比較の結果、その差は無視できるほど小さいという結果が出たため日光センサー無しでの運用を保証しています。


2017.07.20

MultispectralカメラRedEdge搭載ドローンMatrice100新発売

高性能マルチスペクトラルカメラRedEdge搭載のドローン Matrice100 + RedEdgeをこの度発売することになりました。
専用の取り付けキットを使用してRedEdgeカメラ、GPSレシーバー及びDLS日光センサーを搭載したMatrice100は当社採用のアプリにより自動飛行、自動空撮が可能。更に電源2重化により、更に長い飛行時間で広範囲の農場、圃場をくまなく空撮できます。その結果高解像度のマルチバンド空撮画像を取得できます。当社が販売するPix4DmapperあるいはPix4D Agでデータ処理すれば高解像度のNDVIマップを作成出来ます。


2017.05.20

MultispectralカメラSequoia + Phantom3 Advancedモデル

4波長マルチスペクトラルカメラ Sequoia(セコイア)搭載用ドローンとしてこれまでDJI Phantom3 Proを採用してきましたが同ドローンの販売終了および流通在庫完売の通知を受け後継ドローンとしてAtlas Flightによる自動飛行・自動空撮にも完全対応可能なPhantom3 Advancedを採用しました。
Phantom3 Advanced + Sequoiaモデルの飛行検証を終えましたのでこのたび正式に販売開始致します。
なお、Phantom3 Advancedも現在流通在庫にたよっており、流通在庫無くなり次第販売終了となります。


2017.01.27

熱赤外線カメラ搭載のDJI Matrice100発売開始

Matrice100に標準装備されている可視光カメラZenmuse X3を取り外し Zenmuse XT 熱赤外線カメラを取り付けて赤外線カメラ搭載ドローンとしてソーラーパネル検査、電源検査、各種調査・探査用として幅広くご利用出来ます。標準装備の可視光カメラZenmuse X3とZenmuse XT 熱赤外線カメラは手軽に交換可能な為様々なシーンで利用できるはずです。また、当社販売のMatrice100はオプションとしてキャノピーを取り付けた状態で出荷も出来ます。
熱赤外線カメラZenmuse XTにはカメラタイプ、フレームレート、解像度、レンズ焦点距離により多数のモデルがあるのでZenmuse XT 製品ラインナップからお選びください。