• 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > 製品情報 > 無人航空機(ドローン)空撮システム > Sentera


 
 ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルカメラ及びカメラ搭載ドローン、熱赤外線カメラ
 
 Micasense
 
 Parrot
 
 講習会
 
Sentera(センテラ)NDVIセンサー
シングルNDVIセンサ
正確なNDVI及びNDRE測定の為のみに必要なマルチバンドを効果的に取得
DJI社のドローンプラットフォームに取付が可能
低歪特性光学レンズとグローバルシャッター技術が採用され鮮明な画像取得が可能
データ解析に基づく肥料、殺虫剤、除草剤散布の量やタイミング決定に寄与
Phantom 4 Pro、Phantom 4 Pro V2あるいはMAVIC Pro/Platinumに搭載して光学カメラ付きシングルNDVIセンサドローンとしてご提供
シングルNDVIセンサでのNDVI作成の為の理論的な根拠についてはSentera社論文をご参照下さい。
シングルNDVIセンサを搭載する機体:Phantom 4 Pro, Mavic Pro
Double 4K センサ
MultispectralモデルとNDVI/NDREモデルの2種類をご用意しています。
MultispectralモデルはNDVI及びRGBデータの両方を一つのカメラで取得し可視光画像ベースの2D・3D画像およびNDVIマップ作製可能。またPhantom4 Proが本来持っているDJI可視光カメラも同時にシャッターを切るためDJIカメラから取得する光学画像も利用可能です。
革新的なフィルター技術で4K解像度でフルカラー画像及び反射率マップ作成
データ解析に基づく肥料、殺虫剤、除草剤散布の量やタイミング決定に寄与
Phantom 4 ProあるいはPhantom 4 Pro V2に搭載して本来付属のDJI光学カメラと同時に空撮が可能
Double 4K NDVIセンサを搭載する機体:Phantom 4 Pro

Inspire対応 3軸制御ジンバル付きDouble 4K センサ
Multispectralモデル、RGB/NDVIモデルの2種類あります。
Inspire-2とはZenmuse XT ジンバルアダプターを介して接続します。
FieldAgent Mobileアプリで自動飛行・自動空撮が実行可能
1回の飛行で取得する空撮画像で可視光画像ベースの2D・3D画像およびNDVIマップ作製可能
3軸制御ジンバル付きDouble 4K NDVIセンサを搭載する機体:Inspire-2
Matrice200/210対応 3軸制御ジンバル付きDouble 4K センサ AGX710
Multispectralモデル、RGB/NDVIモデルの2種類あります。
Matrice210とはZenmuse XT ジンバルアダプターを介して接続します。
FieldAgent Mobileアプリで自動飛行・自動空撮が実行可能
1回の飛行で取得する空撮画像で可視光画像ベースの2D・3D画像およびNDVIマップ作製可能
3軸制御ジンバル付きDouble 4K NDVIセンサAGX710を搭載する機体:Matrice200/210

AGX710はライブ動画と静止画のダウンロード、フルジンバル制御を提供します。
農業のプロには迅速かつ正確な農場の出来高に関する情報が必要不可欠です。
DJI SKYPORTを装備したAGX710は、リアルタイムのスペクトラルと、スカウト情報を伝達する映像に基づいたステータス計測を提供し、現在のワークフローをサポートします。
M210デュアルジンバル構成では、AGX710とZENMUSE XTを組み合わせて、同じフライトで熱バンドコレクションを同時に追加できます。

特徴と利点
・以下を含む関連のある健康指標、変数を効率的にキャプチャできます。
・RGB, NDVI, NDRE及びその他の多くの特殊化されたインデックスの製品
・ライブストリーミング動画で活発にフィールドの様子をスカウトします。
・Lock-and-Goのジンバル技術を使用することでM200及びM210ドローンシリーズに素早く取り付けが可能
・FieldAgentのウェブ版、モバイル版、デスクトッププラットフォームでデータを共有可能。
シェイプファイルやサポートプリスクリプションの作成、及びテレマティックスの統合が可能です。


高性能NDVIシングルセンサは、独自の技術によるスペクトルバンドの 高精度分離方法(特許申請中)により精度の高い植生指数の測定を行う事を可能にします。

NDVIを作成するに当たり、Sentera NDVIセンサーは測定に邪魔になるような波長や反射率マップ作成時にエラーになるような波長帯域要素を効率 良く除去するフィルターを採用しています。
このような先進的センサによってユーザーは人工衛星ベースのインデックスデータをドローンベースのデータと容易に統合することが出来ます。
高精度のフィルター技術を利用して農作物の健康状態、成熟度、活性度についての貴重なNDVI情報を取得できます。

日光センサについてのメーカー側見解:
Incident Light Sensor was used in our early research stages. The manipulations by Light Sensor to the images when done are so miniscule that it is not noticeable. Our Light Sensor will tell you if there is consistent or variable lighting but we would not expect your image to change.
(対訳)日光センサは当社の初期の開発段階で使用されました。しかしながら空撮画像に対する日光センサの寄与は極めて少なく殆ど認識できないほどです。
光量が一定あるいは変動かについては日光センサは教えてくれますが画像に対する変化は期待できません。


Mavic Pro + Senteraセンサ
Mavic ProにSenteraセンサを取り付けた機体。 Mavic Proに本来装着されている光学カメラをそのままにして専用の取付キットを使用してNDVIセンサを後付けで取り付けることが出来ます。 専用の自動飛行・自動空撮アプリであるFieldAgent Mobileアプリを使えばNDVIセンサーの空撮のみならずDJI光学カメラの空撮も同時に出来ます。

Mavic Proに後付けしたNDVIセンサの展開図
Phantom 4 Pro(あるいはPhantom 4 Pro V2)+ Senteraセンサ
Phantom 4 Pro(あるいはPhantom 4 Pro V2)にSenteraセンサを取り付けた機体。
Phantom 4 Proに本来装着されている光学カメラをそのままにして専用の取付キットを使用してNDVIセンサを後付けで取り付けることが出来ます。 専用の自動飛行・自動空撮アプリであるFieldAgent Mobileアプリを使えばNDVIセンサーの空撮のみならずDJI光学カメラの空撮も同時に出来ます。

Phantom 4 ProにシングルNDVIセンサを取付た状態
Phantom 4 Proにダブル4K NDVIセンサを後付けで取付た状態
Inspire-2 + 3軸制御ジンバル付きSentera Double 4K センサ
Inspire-2に3軸制御ジンバル付きDouble 4Kセンサを取り付けた機体。1回の飛行で取得する空撮画像で可視光画像ベースの2D・3D画像およびNDVIマップ作製可能。
Inspire-2にZenmuse XTジンバルアダプターを取り付けてその上で3軸制御ジンバル付きDouble 4Kセンサを機体に接続します。

Inspire-2に3軸制御ジンバル付きDouble 4Kセンサを取り付けた状態
Matrice210/200 + 3軸制御ジンバル付きSenteraセンサ AGX710
Matrice210/200にジンバル付きMutltispectralあるいはNDVI/NDRE Double 4K センサを取り付けた機体。1回の飛行で取得する空撮画像で可視光画像ベースの2D・3D画像およびNDVIマップ作製可能。

Matrice210に取り付けた状態
(Matrice210は2つ取り付け可能)






Matrice200に取り付けた状態
(Matrice200は1台のみ取り付け可能)
DJIドローン + Senteraセンサーのカスタム製品の保証期間
DJIドローンの保証期間:
本体:購入後15日間
バッテリー:購入後半年以内かつ充電回数200回以内
バッグなどのアクセサリー類:購入後3ヶ月
DJI社関連Webページ:https://www.dji.com/jp/service/policy
Senteraセンサーおよびそのマウントキットの保証期間:
1年間、但し機体の墜落・破損によるダメージは対象外です。

自動飛行・自動空撮アプリ FieldAgent Mobile 及び Pix4Dmapper
センサ搭載Phantom 4 ProあるいはMAVIC ProはiPhoneあるいはiPadにインストールしたAgVaultアプリで手軽に多角形タイプの飛行プランを作成出来ます。 飛行プランは保存可能で再利用出来ます。同じ圃場を同じ飛行プランに基づき同じ高度、同じ速度、同じオーバーラップ率、同じカメラ角で自動飛行・自動空撮が可能なため、タイムライン分析も可能になります。

   
FieldAgent Mobileで自動空撮した空撮画像をPix4Dmapperでデータ処理。一回のフライトで光学カメラとNDVIセンサの両方に自動シャッターを切らせるためNDVI画像と光学2D/3D画像両方を作成可能。
Pix4Dmapperでデータ処理しNDVIマップを作成。注意点は専用の処理オプションテンプレートを使います。 データ処理結果、マップビューとNDVIマップをご参考までに表示致します。  

Pix4Dmapperでデータ処理し可視光 三角メッシュ処理の3D画像作成。一回のフライトでNDVIセンサでマルチバンド画像、Phantom 4 Proの光学カメラで可視光画像を取得できます。  

農作物の健康状態を監視出来るソリューション
センサー搭載のドローンによるリモートセンシングソリューションにより圃場の精密なデータを収集し分析することが可能になりました。 取得した画像データ処理はPix4Dmapperで行います。ドローンの自動飛行・自動空撮、空撮画像取得、および画像処理の流れは下記の通りです。


センサーあるいはセンサー搭載ドローン一覧表
製品名 当社型番 説明
 Phantom 4 ProをベースにしたNDVIドローン
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)+ Single NDVI Sensor FC-P4PRO-SNDVI-RTF
FC-P4PROV2-SNDVI-RTF
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)にSingle NDVIセンサを取付けRTF状態で出荷。
FieldAgent Mobileアプリを使用すればNDVIセンサーのみならずPhantom 4 Proに本来搭載されている光学カメラも一緒に自動空撮が可能。
空撮で取得した画像はPix4Dmapperでデータ処理します。なお、各波長毎の分離されたマップは作成できません。
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)+ Multispectral Double 4K Sensor FC-P4PRO-MSD4K-RTF
FC-P4PROV2-MSD4K-RTF
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)に Multispectral Double 4K Sensorを取付けRTF状態で出荷。
FieldAgent Mobileアプリを使用すればMultispectral Double 4K NDVIセンサのみならずPhantom 4 Proに本来搭載されている光学カメラも一緒に自動空撮が可能。
空撮で取得した画像を元にPix4DmapperでNDVIマップを作成します。また赤・緑・青・レッドエッジ・近赤外線の各波長毎のマップも作成できます。
また、Multispectral Double 4K SensorではRGB画像も同時に取得しますので同時に可視光の2次元オルソ、3次元点群も作成が可能です。
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)+ NDVI/NDRE Double 4K Sensor FC-P4PRO-NND4K-RTF
FC-P4PROV2-NND4K-RTF
Phantom 4 Pro(あるいはPro V2)に NDVI/NDRE Double 4K Sensorを取付けRTF状態で出荷。
FieldAgent Mobileアプリを使用すればNDVI/NDRE Double 4K NDVIセンサのみならずPhantom 4 Proに本来搭載されている光学カメラも一緒に自動空撮が可能。
空撮で取得した画像はPix4Dmapperでデータ処理します。なお、各波長毎の分離されたマップは作成できません。
NDVI/NDRE Double 4K Sensorの大きな特徴は、取得する画像フォルダーがNDVIフォルダーとNDREフォルダーの2つが自動的に作成されるため、Pix4DでのNDVIあるいはNDREの反射率マップ作成が非常に簡単に出来る事です。
他方、RGB画像はPhantom 4 Proに付属のDJI光学カメラで同時に取得出来ます。
 MAVIC ProをベースにしたNDVIドローン
MAVIC Pro + Single NDVI Sensor FC-MVPRO-SNDVI-RTF MAVIC ProにSingle NDVIセンサを取付けRTF状態で出荷。
Sentera FieldAgent Mobileアプリを使用すればNDVIセンサーのみならずMAVIC Proに本来搭載されている光学カメラも一緒に自動空撮が可能。空撮で取得した画像はPix4Dmapperでデータ処理します。なお、各波長毎の分離されたマップは作成できません。
MAVIC Pro Platinum + Single NDVI Sensor FC-MVPROP-SNDVI-RTF MAVIC Pro PlatinumにSingle NDVIセンサを取付けRTF状態で出荷。
FieldAgent Mobileアプリを使用すればNDVIセンサーのみならずMAVIC Pro Platinumに本来搭載されている光学カメラも一緒に自動空撮が可能。空撮で取得した画像はPix4Dmapperでデータ処理します。なお、各波長毎の分離されたマップは作成できません。
 Matrice 210をベースにしたNDVIドローン
Matrice 200 + ジンバルタイプMultispectral Double 4K Sensor AGX710 FC-M200-MSD4K-RTF
Matrice 200 にジンバルタイプMultispectral Double 4Kセンサーを取り付けRTF状態で出荷。 画像データはPiX4D mapperでデータ処理します。
Matrice 210 DualGimbal + ジンバルタイプMultispectral Double 4K Sensor AGX710 FC-M210DG-MSD4K-RTF
Matrice 210 DualGimbal にジンバルタイプMultispectral Double 4Kセンサーを取り付けRTF状態で出荷。
もう一つのジンバルにはZenmuse XT、赤外線カメラあるいはDJI光学カメラも同時に取付が可能。 画像データはPiX4Dmapperでデータ処理します。
 Matrice200/210用ジンバルタイプセンサ
Matrice200/210用ジンバルタイプ Multispectral Double 4K FC-SNTR-AGX710-M200 取り付け対象機体:Matrice200/210
 Inspire-2用ジンバルタイプセンサ
Inspire-2用ジンバルタイプ Multispectral Double 4K FC-SNTR-MSD4KG-INS2 取り付け対象機体:Inspire-2、Zenmuseジンバルアダプタ付属
nspire-2用ジンバルタイプ NDVI/NDRE Double 4K FC-SNTR-NND4KG-INS2 取り付け対象機体:Inspire-2、Zenmuseジンバルアダプタ付属
●測量・マッピングソフト:
測量・マッピングソフト Pix4Dmapper マルチスペクトラルカメラで取得した4波長画像からNDVI2次元マップを自動生成、また、RGB画像からは2Dオルソモザイク、数値表層モデル(DSM)、3次元スケールモデルを生成するソフトウエア。

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。


NDVIセンサ技術仕様 比較表
  Single NDVIセンサ Multispectral Double 4K センサ NDVI/NDRE Double 4K センサ
センサー 1.2MP CMOS 12.3MP BSI CMOS Sony Exmor IMX377センサ
シャッター グローバルシャッター グローバルシャッター
ピクセル数 水平:1248 pixel / 垂直:950 pixel
焦点距離 4.14mm 5.4mm
画角(FOV) 60°水平 60°HFOV (4K Stills / Video) 1080p ranges 30°〜60° HFOV
高度200フィート(60m)でのGSD 5.5cm/pixel 1.75cm/pixel
高度400フィート(120m)でのGSD 11.0cm/pixel 3.5cm/pixel
スペクトルバンド <NDVI>:
赤:625nm x 100nm width
近赤外(NIR):850nm x 40nm width
<NDRE>:
レッドエッジ:720nm x 40nm width
近赤外(NIR):840nm x 20nm width
・青:446nm x 60nm width
・緑:548nm x 45nm width
・赤:650nm x 70nm width
・レッドエッジ:720 nm x 40nm width
・近赤外(NIR):840nm x 20nm width
<NDVI>:
赤:625nm x 100nm width
近赤外(NIR):850nm x 40nm width
<NDRE>:
レッドエッジ:720nm x 40nm width
近赤外(NIR):840nm x 20nm width
外形寸法 25.4mm x 33.8mm x 37.3mm 59mm x 40.9mm x 44.5mm
重量 30g 80g
電力 25W 定格:8W、最大:12W
データキャプチャー 1.2MP 静止画像
720p ビデオ@20〜24fps
12.3MP 静止画像
4K Ultra HDビデオ@30fps
1080p/720p Video H.264エンコーディング
画像フォーマット JPEG JPEG
メモリー容量 32GB MicroSD(リムーバブルタイプ)
・画像フォーマット:JPEG形式で200,000画像/カード
・画像フォーマット:TIFF形式で8,000画像/カード
64GB MicroSD(リムーバブルタイプ)
インターフェイス Ethernet, Serial/UART Ethernet, Serial/UART. USB 3.0, I2C, GPIO
Web-based camera configuration、単一写真とモード選択はプッシュボタン制御で行う。
英文データシート ダウンロード ⇒ ダウンロード ⇒ ダウンロード ⇒

  ジンバル付きDouble 4K センサ AGX710
型番 AGX710
Sensor Configs 12.3MP BSI CMOS
Spectral Configurations RGB + NDVI | NDVI: Red (625nm), NIR (850nm)
RGB + NDRE | NDRE: Red Edge (720nm), NIR (840nm)
Multispectral | Blue (446nm), Green (548nm), Red
(650nm), Red Edge (720nm), NIR (840nm)
外形寸法 89mm x 88mm x 98mm
重量 270g
消費電力 定格10W、 最大16W
Image format Stills: JPEG | Video: MP4
Field of view 60° HFOV (4K Stills / Video)
1080p ranges 30° - 60° HFO
Data capture 12.3MP Stills
4K Ultra HD video @ 30fps
1080p/720p Vide
ジンバル機構 取付け方法: 脱着可能
制御角範囲:チルト: 0°〜 -90°、パン: 0°、ロール: 0°
メカニカルレンジ: チルト: +25°〜 -115°、パン: 0°、ロール: +40°
Gimbal Mount: Detachable
Controllable Range: Tilt: 0° to -90°, Pan 0°; Roll 0°
Mechanical Range: Tilt: +25° to -115°, Pan 0°; Roll +40°
Max Controllable Speed: 50”/S
Storage 64GB Micro SD card
FlighEndurance M200 & AGX710: 35 Minutes
M210 & AGX710 + XT Thermal: 28 Minutes
MappingEfficiency QuickTile. Map: 500 acres typical
Orthomosaic Map: 150 acres typical
Ground Sample Distance 3.5cm
FieldAgent Platform Seamless integration! AGX710 imagery is
compatible with analytics around stand and
emergence, variability, biomass, nutrition, pest,
weed, & disease
英文データシート ダウンロード ⇒




Copyright (C) Cybernetech Co., Ltd. All Rights Reserved.