• 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > 製品情報 > ドローンマッピング & ドローンリモートセンシング > Pix4Dbim


 
 ドローンマッピングソフト
 
 Sentera
 
 Micasense
 
 Parrot
 
 熱赤外線カメラ
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 講習会
 
Pix4Dbim(建設分野)

任意の場所の視覚化、測定、竣工データの検証

デスクトップでもクラウドでも、柔軟な画像処理オプションが使用できます。成果物はクラウドベースのサーバーで共有・分析可能であり、また、設計図または工程図をBIMと比較することができます。


製品一覧
製品名 当社型番 デバイス数 説明
 Pix4Dbim(建設分野):
Pix4Dbim 恒久ライセンス CT-PIX4DM-BIM-OT 2 建設現場でのご利用に最適な機能を有するPix4Dbimを利用して建築サイトのデータを分析、共有、統合出来ます。恒久ライセンス
Pix4Dbim
恒久使用ライセンスに対する
継続タイプ有償年間サポート
CT-PIX4DM-BIM-YSUP
(継続タイプ)
- Pix4Dbim恒久ライセンスを購入したユーザーに対する2年目以降の継続タイプ年間保守サポート
Pix4Dbim
恒久使用ライセンスに対する
非継続タイプ有償年間サポート
CT-PIX4DM-BIM-YSUP-B
(非継続タイプ)
- Pix4Dbim恒久ライセンスを購入したユーザーに対する2年目以降の非継続タイプ年間保守サポート
Pix4Dbim 年間ライセンス CT-PIX4DM-BIM-Y 2 建設現場でのご利用に最適な機能を有するPix4Dbimを利用して建築サイトのデータを分析、共有、統合出来ます。年間ライセンス
Pix4Dbim 月間ライセンス CT-PIX4DM-BIM-M 2 建設現場でのご利用に最適な機能を有するPix4Dbimを利用して建築サイトのデータを分析、共有、統合出来ます。月間ライセンス

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。



MOBILE + DESKTOP + CLOUDのソリューション

ドローンの飛行から完了まで適用可能なプロフェッショナルなワークフロー



モバイル + デスクトップ + クラウド
ドローンのフライトから完了までのワークフロー


キャプチャー

どんなカメラでも、どんな画像でも; タブレットやモバイルから使用でき、ドローンの現場での操作、フライトレビュー、最適なデータのキャプチャーに使える飛行計画用アプリのPix4Dcapture


処理

Pix4Ddesktopのオフライン処理では、インターネット接続なしでデータの完全なコントロールが可能です。
オンライン処理の場合には完全自動化、Pix4D cloudでのハードウェア不要の出力などに対応。


分析

デスクトップでは、上級の編集機能、クオリティコントロール、測定が可能です。
クラウドでは、自動でプロジェクトの監視を行ったり、建設用製図オーバーレイや農業用の自動NDVIマップを使用したりすることができます。


共有

オンラインで簡単にプロジェクトを組み合わせたり注釈をつけ、シンプルなURLでマップやモデル、分析を共有することができます。
                        



クラウド処理
自動クラウド処理を行うことでハードウェアフリーかつワークフローに適合させることができます。
  強力なデスクトップでの編集+分析
デスクトップでは測量、体積、等高線、検査能力に対する詳細な編集が可能です。
  クラウドタイムライン+BIM比較
結果はPix4Dbimのタイムラインに2D・3Dで直観的に表示されます。Pix4Dbimのタイムラインでは表示、計測、注釈がつけられます。


ハイライト

計測したものを写真のように詳細な描写で3Dモデル化します。

"Pix4Dbim desktop"は、3Dモデル、表面および体積の測定値、輪郭、及び全般の視覚化を作成します。
元となる高解像度画像は、検査をしたい場合に3Dモデルの任意のポイントをクリックすることで表示することができます。



クラウドベースのタイムライン

手順に従って収集されたデータはクラウドの簡単に視覚化できるタイムラインに表示され、サイトの進捗状況が確認できます。
2Dと3Dデータは注釈、測量と同様にここからアクセスでき、共有することもできます。



施工完了時と設計時の違いをBIM比較する

Pix4Dbimクラウドに設計図をインポートすることで、施工完了時のオルソフォトと設計図を比較することができます。
この方法によって、後々の建築作業に影響を与える前に、建築時のミスを早い段階で正すことができます。
その代り、BIMアプリケーションから取得できるスケジュール略図はインポートして比較することができ、プロジェクトが順調に進んでいるか確認することができます。






Copyright (C) Cybernetech Co., Ltd. All Rights Reserved.