• 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > 製品情報 > 無人航空機(ドローン)空撮システム > Bluegrass


 
 ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルカメラ及びカメラ搭載ドローン、熱赤外線カメラ
 
 Micasense
 
 Parrot
 
 講習会
 
マルチスペクトラルカメラSequoia搭載のドローン Parrot Bluegrass(パロット・ブルーグラス)




 マルチスペクトラルカメラSequoia搭載のドローン Parrot Bluegrass(パロット・ブルーグラス)
「パロット・ブルーグラス」は農業用に特化した回転翼型ドローンです。

「パロット・ブルーグラス」は農業用に特化して設計された初めてのパロット社のドローンで、新たにビジネスドローンとしてパロット社の産業用ドローングループに加わりました。
パロット社産業ドローンにはこのモデル以外に固定翼型ドローン「Parrot Disco-Pro AG」、「Parrot Bebop-Pro 3D Modeling」及び「Parrot Bebop-Pro Thermal」があります。

「パロット・ブルーグラス」は農業用に特化した多目的ドローンで、前方に装備したカメラで農場の状態をライブ映像で監視し、マルチスペクトラルカメラで農場全体での農作物の 生育状態を調べ、どこに問題があるかを把握するのに役立ちます。

「パロット・ブルーグラス」は70mの飛行高度で最大30ヘクタールの面積を自動飛行でカバーできます。
精密マッピングの場合は低高度で自動飛行も可能です。

自律飛行・自動空撮作業はPix4Dcaptureのアプリで実行できます。空撮データの処理はPix4DmapperあるいはPix4Dagを使い反射率マップを作成します。あるいはドローンに付属のソフトのAIRINOV FIRST+も使用できます。
製品名 当社型番 説明
Parrot Bluegrass
(パロット・ブルーグラス)
FC-BLUEGRASS マルチスペクトラルカメラ Sequoiaを搭載した農業用途に特化した高性能ドローン。ローターを4個搭載、ビデオカメラとマルチスペクトルセンサーを搭載。 飛行中に前方に搭載したRGBカメラで前方監視が出来ます。自動飛行・自動空撮対応のPix4Dcaptureアプリが完全サポートしています。
●反射率マップ及び測量・マッピングソフト:
反射率マップ作成及び測量・マッピングソフト Pix4Dmapper / Pix4Dag マルチスペクトラルカメラで取得したマルチバンド画像からNDVIマップを自動生成、また、RGB画像からは2次元オルソモザイク、数値表層モデル(DSM)、3次元スケールモデルを生成するソフトウエア。
 
製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




 マルチスペクトラルカメラ Sequoia
「パロット・ブルーグラス」に組み込まれたSequoiaカメラは、可視光・非可視光の両方の波長で作物からの反射光を捕えるドローン用に設計された小型軽量のマルチスペクトラルカメラです。

Note:手動操作による連続したインターバル撮影はBluegrassに組み込まれたSequoiaではできません。Pix4Dcaptureによる自動飛行・自動空撮により自動で連続したインターバル撮影を行うことが出来ます。

Sequoiaカメラの構成:
● GPS受信機付きマルチスペクトラルセンサー
● センサーの波長:Green(500nm Bandwidth 40nm)、Red(660nm Bandwidth 40nm)、Red-Edge(735nm Bandwidth 10nm)、NearInfrared(790nm Bandwidth 40nm).
● 可視光レンズ:16MPの可視光レンズも装備しています。
● 日光センサー:リアルタイムで日射量の変化を測定し、4波長の画像に対し自動的に補正します。

農業分野で使用される用に設計されたマルチスペクトラルカメラ
日光センサーを使用した自己キャリブレーション機能
RGB camera 16 Mpx for scouting
空撮レート(毎秒1ピクチャー)
ドローンに非依存機能
ドローンとの通信の為の標準プロトコール(PTP)

緑の植物の反射率


 Pix4Dcaptureによる自律飛行・自動空撮
「パロット・ブルーグラス」は世界で初めての自律飛行・自動空撮アプリの一つであるPix4Dcaptureに完全対応しています。Pix4Dcaptureアプリの中にはParrot Bluegrassのドローンは標準でサポート されていますのでそれを選択し、飛行パターンとしてポリゴングリッドとシングルグリッドの2つのパターンが表示されますので空撮対象の地形に応じていずれかのパターンを選択して下さい。 これによりPix4Dcaptureで空撮対象の農場をくまなく飛行し自動で撮影を実行します。
Pix4Dcaptureは自動離陸、自動着陸をサポートし、最適なオーバーラップの条件でフルHD 14MPの画像で空撮を行います。

   

マニュアル操縦
「パロット・ブルーグラス」は付属のコントローラ「Pattot Skycontroller 2」で手動で操縦できます。
ユーザーは前方装備の可視光カメラで農作物の状態、放し飼いにしている家畜の状態、その他いろいろな目的の為に利用できます。

 Bluegrass前方監視光学カメラ
Bluegrass機体の前方に装備したカメラで飛行中に前方に広がる光景をiOS対応タブレットにインストールしたFreeFlight Proアプリの中でライブ映像で監視出来ます。

 
 マッピングソフト Pix4Dmapperによる画像処理と反射率マップ作成
パロット・ブルーグラスで取得した空撮画像は無料でバンドルされているPix4Dag(月間ライセンス)に入れて画像処理します。その方法は非常に簡単で、数ステップで NDVI画像を作成することが出来ます。

 仕様
パロット・ブルーグラス
機能 カバーエリア:フライトごとに高度70 mで30 ha
範囲Parrot Skycontroller 2を使用した場合 2 km(障害物や干渉がない場合)
地面解像度:高度70 mで7.4 cm/ピクセル
モバイルアプリケーションPix4Dcaptureを使った自動フライトプラン
手動離陸
概要 重量:1850g
サイズ:50 x 44 x 12 cm
プロペラは持ち運び時に取り外し可能
写真とビデオ 写真:14メガピクセル広角カメラ
ビデオ:フルHD 1080p--->Video: 1080p Full HD
ビデオストリーミング:360 p / 720 p
内蔵メモリー:32GB
Wi-Fiおよび通信 範囲:Parrot Skycontroller 2を使用した場合 2 kmまで(障害物や干渉がない場合)
Wi-Fi AC、デュアルバンドアンテナ 2本(2.4 と 5GHz)
長時間持続バッテリー バッテリーの持続時間:Parrot Sequoiaで30分
3セル リポバッテリー(6700 mAh / 25 A)
センサー スピードセンサー(ピトー管)
慣性航法システム
高度計
超音波センサ
オプティカルフローカメラ
PARROT SEQUOIA
RVBカメラ 解像度:16 メガピクセル、4608 x 3456 ピクセル
HFOV:63.9°、VFOV:50.1°、DFOV:73.5°
グローバルシャッターシングルバンドカメラ 4個 解像度:1.2 メガピクセル、1280 x 960 ピクセル
HFOV:61.9°、VFOV:48.5°、DFOV:73.5°
4 帯域 緑(550 nm BP 40 nm)
赤(660 nm BP 40 nm)
レッドエッジ(735 nm BP 10 nm)
近赤外線(790 nm BP 40 nm)
全体的な特長 サイズ:59 x 41 x 28 mm
重量:72 g
写真モード:1 fpsまで
内蔵メモリー:64 GB内蔵
慣性計測ユニットと磁力計
電源:5 W (ピーク 〜12 W)
日照センサー(PARROT SEQUOIAに搭載) サイズ:47 x 39.6 x 18.5 mm
重量:35 g
スペクトラルセンサー 4個(本体と同じフィルター)
GPS
慣性計測ユニットと磁力計
SDカードスロット
電源:1 W
AIRINOV First +
特徴 120mの飛行高度で週150ha 処理
初回の分析面積は無制限
AIRINOVレポート
NDVI完全マップ:インデックス値 -1から1
NDVI調整済みマップ
単純なゾーニング・マップ:3つのゾーンに分割されたNDVIマップ
詳細ゾーンマップ:7ゾーンに分割されたNDVIマップ




Copyright (C) Cybernetech Co., Ltd. All Rights Reserved.