• 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > 製品情報 > ドローンマッピング & ドローンリモートセンシング > Altum


 
 ドローンマッピングソフト
 
 Sentera
 
 Micasense
 
 Parrot
 
 熱赤外線カメラ
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 セミナー
 
熱赤外線センサー付きマルチスペクトラルカメラ ALTUM(アルタム)
Altum 5つの高解像度マルチバンドセンサーに熱赤外線センサーを統合した先進的なマルチスペクトラルカメラ ALTUM(アルタム)を新規発売開始。一回の5つのフライトでマルチスペクトラル画像と同時に熱赤外線画像も取得できます。これにより先進的な解析作業を行うことが可能になりました。

ALTUM Skyportセットは、Skyportジンバル付きALTUMカメラ本体、レンズカバー、USB3.0メモリー(128GB)、反射板、GPSセンサー内蔵DLS-2日光センサー、各種ケーブル、及びハンドキャリーケースから成っています。

製品説明
製品名 当社型番 対象ドローン 説明
●ALTUM Skyportセット(DJI Skyportインターフェイスを持ったモデルで、DLS2及びスタンドを含む):
ALTUM Skyportセット FC-ALTUM-SKYPORTMatrice200V2
あるいは
Matrice210V2
5つのマルチバンドレンズ及び赤外線レンズをもったマルチスペクトラルカメラ。DJI Skyportインターフェイス付きのALTUM Skyport、GPS内蔵の日光センサーDLS2、及びDLS2を機体に取り付ける為のマストを含んだセット一式。Note:ALTUM Skyportではジンバル機構がALTUMカメラと一体となっています。(⇒参考画像
●Matrice210V2 + ALTUM Skyportセット:
ALTUM Skyportセットを搭載したMatrice210V2 FC-M210V2-ALTUM-RTF1Matrice210V2 ALTUM Skyportセットを搭載したMatrice210V2 Ready-to-Flyモデルです。高性能ドローンリモートセンシングテクノロジーです。Matrice210V2のDual-GimbalのセカンダリージンバルポートにALTUM Skyportを接続します。DLS2はセットに含まれるスタンドキットを機体に取り付けその上に固定します。(⇒製品画像)
ALTUM Skyportセット + Zenmuse X5Sを搭載したMatrice210 FC-M210V2-ALTUM-RTF2Matrice210V2 ALTUM Skyportセット及びZenmuse X5Sを搭載したMatrice210V2 Ready-to-Flyモデルです。最強のドローンリモートセンシングテクノロジーです。Matrice210V2のDual-GimbalのセカンダリージンバルポートにALTUM Skyportを接続し、右側のプライマリージンバルポートにはZenmuse X5S光学カメラを取り付けたオールマイティドローンです。DLS2はセットに含まれるスタンドキットを機体に取り付けその上に固定します。(⇒製品画像)
●Matrice200V2 + ALTUM Skyportセット:
ALTUM Skyportセットを搭載したMatrice200V2 FC-M200V2-ALTUM-RTF1Matrice200V2 ALTUM Skyportセットを搭載したMatrice200V2 Ready-to-Flyモデルです。高性能ドローンリモートセンシングテクノロジーです。Matrice200V2のジンバルポートにALTUM Skyportを接続します。DLS2はセットに含まれるスタンドキットを機体に取り付けその上に固定します。
●Pix4Dmapperソフトウエア:
反射率計算ソフト Pix4Dmapper- ALTUMで取得した5つのマルチバンド画像および1つの熱赤外線画像、合計6つの画像を同時処理し同時にNDVIマップ及び熱分布マップを作製するにはできるPix4Dmapper(ver 4.4.4以上)が必要です。

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。

お見積りフォームへ


一つのカメラで赤・緑・青・レッドエッジ(RedEdge)・近赤外線(NIR)及び熱赤外線センサーを持ち同時撮影が出来る優れた先進的センサーで、かつドローンに搭載できます。
 
DLS 2

ALTUMには、GPSレシーバー内蔵の次世代の光センサーDLS 2が付属しています。
放射照度および太陽角度測定の最先端技術により、より正確で信頼性の高いデータを提供し、放射測定精度を大幅に改善し、後処理時間を大幅に短縮します。

  Matrice200V2、210V2用ALTUM Skyportセット

ALTUM Skyportセットは、ALTUM Skyportセンサー本体、GPSセンサー内蔵DLS2モジュール、DLS2モジュールを設置するためのスタンドと設置調整用プレート、DLS2とALTUMを結ぶケーブル、ゴム製レンズカバー、及びこれらを収納するハンドキャリーケースと反射板(下記写真には入っていません)から構成されています。


特徴
特徴:
正確で信頼に足りる結果が出るラジオメトリックタイプの熱赤外線センサーとマルチスペクトラルセンサー及びGPS/日光センサーDL2を持つ統合センサー
標準のTIFF出力
高容量のUSB3.0ストレージのため余裕のある空撮が可能
熱赤外線画像とマルチスペクトラル画像のシンクロ録画が可能
可動パーツが一切ない堅牢な設計
120m高度で4cm/pixelの地上解像度。解像度犠牲にせずに高い高度で飛行が可能
速い飛行速度でも早く空撮が可能
一回の飛行で植物の健康状態、水ストレス等のデータを取得可能

ALTUMを容易にお客様のワークフローの中に統合出来ます。
・AtlasFlightアプリを使って飛行ルートの決定及びカメラの最適化を行い、自動飛行・自動空撮を実行できます。
・Pix4DmapperあるいはPix4Dfieldsを使用し空撮画像を処理します。
ALTUMを使って圃場の解析作業の効率化を図ります。

ALTUMを使ってRGB画像、マルチスペクトラル画像、及び赤外線画を切り替えて観察することにより、ブドウ園での既知のかんがい用水の漏れ以外に新たな漏れが発見出来ます。
     

使用例
Matrice210に搭載したALTUM SkyportをAtlasFlight自動飛行アプリで飛行させ自動空撮した画像をPix4DMapper Ver 4.4.4(ベータバージョン)で画像処理しました。Ver4.4.4はALTUMの6バンド画像処理に対応しています。ALTUMにはR/G/B/RedEdge/NIR + LWIRの合計6つのバンドの画像を同時取得出来ます(⇒参照)。それらを全てPix4Dmapperに入れ込み処理をかけます。その結果、5つのバンドのオルソ画像とともにLWIRオルソ画像も生成されます。LWIRセンサーは160 x 120ピクセルという低解像度ながらPix4Dmapperソフトではオルソ画像がきれいに合成されているのには大変驚かされます。右図は左側はNDVIマップ、右側はLWIRマップです。

長波長赤外線(LWIR)による熱分布図では、植物や土壌に水分が多く含まれる場合は水分量が少ない植物あるいは土壌に比べ表面温度が相対的に低くなるため、LWIRマップにより圃場の湿り具合、あるいは乾燥具合を観察することが出来ます。

技術仕様
重量 ALTUM + DLS 2合計重量: 406.5g
ALTUM: 357g
DLS2: 49g
Wi-Fiアダプタ: 2g
USBスティック: 9g
外形寸法 8.2 cm x 6.7 cm x 6.45 cm
外部電源 4.9 〜 25.2 V
入力電源 スタンバイ:5.5W、平均:7.0W、ピーク:10W
スペクトルバンド 5バンド:青, 緑, 赤, レッドエッジ, 近赤外(NIR)、長波長赤外線(LWIR):熱赤外線 8〜14μm
RGB カラー出力 高解像度, グローバルシャッター, 全バンド一致
サーマルセンサー LWIR サーマル 赤外線 8〜14um. 放射測定法補正済み
センサー解像度 5バンド:各バンド2064 x 1544ピクセル (3.2MP)、LWIRバンド(熱赤外):160 x 120ピクセル
地上解像度(GSD) 5バンド:対地高度120mで5.2cm/pixel、LWIRバンド(熱赤外):対地高度120mで81cm/pixel
キャプチャレート 1 capture per second (全てのバンドで)、12-bit RAW
視野角(FOV) 48° x 37°(5バンド)
57° x 44°(サーマル)
ストレージ USB 3.0 ストレージデバイス

比較表
画像 RedEdge MX+ DLS2 ALTUM+ DLS2

農業用ドローンマッピング用業界標準プロフェッショナル
マルチスペクトルセンサー

比類のないセンシングのための革新的な
3-in-1ソリューション
重量 231.9g 406.5g
外形寸法 8.7 cm x 5.9 cm x 4.54 cm 8.2 cm x 6.7 cm x 6.45 cm
外部電源 4.2 V 〜 15.8 V 4.9 V 〜 25.2 V
入力電源 4.0/8.0 W 5.5/7.0/10W
スペクトル帯 青、緑、赤、レッドエッジ、
近赤外(NIR)
EO:青、緑、赤、レッドエッジ、近赤外(NIR)
LWIR:熱赤外線8?14um
RGB 出力 3.6 MP
(全バンドのグローバルシャッター)
すべてのバンドに合わせた高解像度のグローバルシャッター
サーマル FLIR LWIR サーマル赤外線8-14um
放射量キャリブレーション
センサー分解能 1280 x 960
(EOバンドあたり1.2mp)
2064 x 1544
(EOバンドあたり3.2mp)
160 x 120
熱赤外線
地上サンプル距離(GSD) 120mで1ピクセルあたり8cm(バンドあたり) AGL 120mで1ピクセルあたり5.2cm(EO バンドあたり)AGL
120mで1ピクセルあたり81cm(EO バンドあたり)AGL
捕獲率 毎秒1キャプチャ(全バンド)、12ビットRAW 毎秒1キャプチャ(全バンド)、12ビットRAW
インターフェース シリアル、10/100/1000イーサネット、取り外し可能Wi-Fi、外部トリ ガー、GPS、SDHC 航空機:トリガー入力、フレームのトップアウト、1ppsアウト WiFiま たはイーサネットおよびUSB 3.0ストレージ用の3.3v絶縁IO 2x USB 3.0スーパースピード ポート。
視野 47.2°HFOV(マルチスペクトル) 48°x37°(マルチスペクトル)
57° x 44°(熱)
保存 SDカード USB 3.0互換ストレージデバイス

Copyright (C) Cybernetech Co., Ltd. All Rights Reserved.