ENGLISH
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > Q&A > Q&Aカテゴリー検索
 ▼Q&Aカテゴリー検索

 
Q&Aの並び :
0〜20/36 件  [ 1 2 ]

■ファイバーチャネル関連製品 上へ
No.070808154606
 
EmulexのLPe1150-F4は、RoHS規格に準拠していますか?
はい、準拠しています。

ちなみに、LP11000-M4,LP11002-M4,LP1150-F4,LPe11000-M4,LPe11002-M4,
LPe1150-F4,LP10000-M2,LP10000DC-M2,LP1050-F2,LP9002L-F2が規格に
準拠しています。(M.O)

No.070719023112
 
QlogicファイバーチャネルスイッチSB5200-20Aの故障履歴を見る為の「ShowSupportのログ情報」を入手する方法を教えて下さい。
Switchの設定内容を入手する方法としまして、"show support"コマンドが
あります。 下記手順に従い、画面から表示をキャプチャし、問題の診断に使用できます。

1. スタートボタン → すべてのプログラム → アクセサリ → 通信 →
 ハイパーターミナル
2. 「名前」項目に接続名を入力し【OK】ボタンをクリックします。
3. 「接続方法」のプルダウンメニューから、【TCP/IP】を選択し
  【OK】ボタンをクリックします。
4. 「ホストアドレス」に監視先のSANboxのIPアドレスを入力し、
  【OK】ボタンをクリックします。
5. 「switch login:」と表示されたら、【admin】と入力してEnterキーを
  押します。
6. 「password:」と表示されたら、スイッチに設定されているパスワードを
  入力してEnterを押します。 
 (デフォルトのパスワードは【password】です)
7. ハイパーターミナルのメニューバーの【転送】 →
  【テキストのキャプチャ】を選択します。
8. ログファイルの保存先を指定して【開始】ボタンをクリックします。
   → 【SANbox #> show support】と入力してEnterキーを押します。
   → ログが最後まで表示されるまでEnterキーを押します。
9. ハイパーターミナルのメニューバーの【転送】 →
  【テキストのキャプチャ】 → 【停止】
10. 【SANbox #> quit】と入力し、Enterキーを押して完了します。

Y.H.

No.070613230545
 
御社のFCインターフェイスカード(FC-HBA)が、サン・マイクロシステムズ社のサーバ製品に搭載可能(動作保証)か教えてください。

・動作検証対象製品:LP10000-M2 、LP10000DC-M2
・搭載予定サーバ:SunFireV440/V490/V890
※OSは、Solarisとなりますが、バージョンによって動作に問題があるようでしたら、対応可能のバージョンを教えてください
上記の件、動作保証済みです。問題はありません。




No.070529123434
 
可搬型光ケーブルドラム「PicoDrum」の4芯マルチモード50/125μ 250mタイプを2個連結して合計500mの距離で使用したいのですが可能でしょうか?
ピコドラムを2台カスケード接続して距離を伸ばす事は可能です。たとえば、PDMG14-250(250m)を2台カスケード接続しマルチモードで500mの距離で使用出来ます。

No.070329150734
 
SANBoxシリーズのポート拡張方法を教えて下さい。
下記URLよりライセンス申請を実施下さい。その際、本体シリアル及び拡張ポートに同梱しておりますLicence key transaction codeを入力いたしますので準備して下さい。正式ライセンスを入手後は、SANsufer(qlogiq社よりダウンロードが必要)のSwitchManagerより、SwitchメニューからFeatureを選択してアップグレードを下さい。アップグレード後は装置の再起動が必要ですので語ご注意下さい。


http://lk.qlogic.com/productfeatureautomation/New_EnterSerialNo2.aspx#

No.060831152651
 
Emulex FC HBA LP11002-M4、LP10000DC−M2について、富士通サーバ PRIMERGY RX200-S2での動作実績はございますか?

[参照URL]
EMULEX: LP11002
http://www.emulex.com/products/fc/11002/ds.html
EMULEX: LP10000DC
http://www.emulex.com/products/fc/10000dc/ds.html
Emulex FC HBA LP11002-M4、LP10000DC−M2共に、富士通サーバ PRIMERGY RX200-S2での動作実績はございます。

No.060818144028
 
貴社よりPicolight 2Gb SFP Transceiver Moduleを購入し、柿の環境下で使用を試みた所エラーメッセージが出て全く認識出来ません。一方、Cisco社の純正SFP Transceiver Moduleだと正常に動作します。どのようにすれば貴社のPicolight SFP Moduleを正常に使用できるでしょうか?
<使用環境>:
Cisco 4500 Catalyst Switch(2Gb Picolight SFP moduleを挿入)
|
|
LC-LC 50/125 MultiMode 光ケーブル(長さ数メートル)
|
|
Cisco 2950 Catalyst Switch(2Gb Picolight SFP moduleを挿入)
以前、シスコ社はID回路を自社スイッチの中に組み込んで自社純正のSFPモジュールのみを使用出来るようにしていましたが、最近はその方針を改めて、他社製のSFPモジュールも使用出来るようにしています。しかしながら、標準ではCisco SFP module vendor-lockというのがかかっており、これを解除する必要があります。

Set-upメニューの中で、"service unsupported-transceiver"という命令文を使用、あるいはEnableにして下さい。

その結果、Picolight(あるいはFinisar)SFP Transceiver Moduleが使用出来る様になります。

No.060728150842
 
SB1403を使用して、QLA2200(PC)と1Gbpsのカメラを接続しようとしましたところ、下記のエラーがマネージメントソフト(SANsafure)のイベントログ上に出力され、接続できません。この接続では、SB1403で使用することができないのでしょうか。(error-log:Configured port speed for port0 not comatible with media)
SB1403では、1Gbpsの転送レートの製品では動作しません。ご使用する場合は、2Gbpsの製品にてお願いいたします。

*Qlogic社では、QLA2200等の1Gbps商品は販売は終了及びサポートも2006/12/31にて終了となります。

No.060425222732
 
EMC対応Qlogic FC HBA QLA2340-EMCについて、下記の質問があります。

1.上記製品が正式サポートの対象外となるタイミングですが、下記の例に示されるような規則性はないのでしょうか?

 例:
 ドライババージョン 9.X.0.01
 BIOSバージョン 1.X1
 の X 部分が1つ上がった場合に、旧バージョンはサポート対象外
 となる
2.バージョンの数字関わらず、EMCサポートマトリックスに掲載されなくなったらサポート対象外となってしまうのでしょうか?
1.サポートの対象外となるバージョンの規則性につきましては、残念ながら弊社では情報を得ることはできません。

2.EMCサポートマトリクスに最新バージョンが掲載された時点で旧バージョンはサポート対象外となります。

No.060425222324
 
EMC対応Qlogic FC HBA QLA2340-EMCについて、以下のドライバとBIOSのバージョンはサポート対象になっているかどうか教えてください。

-ドライバVersion: 9.0.1.17
- BIOS Version: 1.42
下記の通りです。(2006年4月時点でのご回答)

過去、ドライバー: 9.0.1.17とBIOS: 1.42の組み合わせでサポートしておりましたが、現在は、サポート対象外となっています。

No.060425221944
 
EMC対応Qlogic社FC HBAに関して、Windows2003 SP1用の最新のドライバとBIOSのバージョンを教えてください。
下記の通りです。(2006年4月時点で)

・Windows2003SP1用の最新のドライバ
    STORPort 32-bit (x86) driver:9.1.0.15
    SCSI Miniport 32-bit (x86) driver:9.1.0.10
    STORPort 64-bit (x64) driver:9.1.0.15

・最新のBIOS:1.47

No.060425221644
 
EMC対応Qlogic FC HBA QLA2340-Eは、PCIスロット規格が「PCI 33/66MHz」のサーバ機(SunFire280R)に対応していますか? もし対応している場合、Link Speedは2Gbpsのままで動作するでしょうか? もしくは、他に上記適したHBAがあるでしょうか?
QLA2340-Eは「PCI 33/66MHz」のサーバ機(SunFire280Rなど)に対応しています。

Link Speed につきましては、接続先デバイス(AX100SCまたはFC-Switch)が2Gbpsであれば、自動設定または2Gbps固定設定にて動作いたします。(接続先デバイスに依存します)

EMC社から提供されております、SupportMatrix(2006年4月版)を確認したところ、AX100SC+SunFire280Rの組合せに対応しているQLogic社のHBAはQLA2340-Eのみとなっております。QLogic社のHBAに限定した観点ですと、QLA2340-Eのほかに適したHBAはございません。

No.060309163013
 
Qlogic社FC HBA QLA2340-CK と FC RAID(2Gbps HSSDCのホストコネクタ)
をファイバーチャネルケーブルで接続したいと考えていますが、可能でしょうか?
可能です。QLA2340-CK側が光ケーブルのコネクタ形状がLC-LC MultiModeで、
FC RAID側のコネクタ形状が2Gbps HSSDCの場合、下記の構成で銅線ケーブルでも接続可能です。

必要なものは下記の通りです:
1)2Gps 銅線ケーブル HSSDC - HSSDC(メス)[電源コネクタ付き]型番:2)HSSDC2 - HSSDC female 電源コネクタ付き変換ケーブル用AC-DCアダプタ(115V AC - 5V DC)型番:CPWR-100-5 1個
3)HSSDC(オス)- LC(メス)Optical MediaConverter (MIA) 2Gbps
型番:MIA2-HL 1個
4)LC-LC MultiMode光ケーブル FCLLM-xx/62.5(xx=ケーブル長) 1本
※長さによって型番・価格が種類がございます。

弊社WEBに接続応用例がございますのでご参照下さい。

No.060309161105
 
QLogic FC Switch SB5200-08Aについて、2Gb/1Gbportだけでなく
ISL(Inter Switch Link)ポートも将来的な拡張に合わせて4portずつ拡張したいと考えています。可能でしょうか?
QLogic社SB5200-08Aにつきましては、2Gb/1Gbportは4ポートずつの
拡張が可能で2Gb/1Gbportが8ポート、12ポート、16ポートの順に最大まで
増設した後に、ISL(Inter Switch Link)ポートも4ポートずつ増設が可能になります。

No.060308183653
 
対象製品は、QLA2340-EMCについての問い合わせです。OSは、Windows 2003 SP1です。ドライバとBIOSの旧/最新バージョンの質問です。
旧バージョン
 ドライバ:9.0.1.17
 BIOS:1.42
最新バージョン
 ドライバ:9.1.0.15
 BIOS:1.47

質問内容は下記の通りです。
1.旧HBAのドライバとBIOSのバージョンを、新HBAの最新バージョン
  に統一しても問題なく動作するか?
2.旧HBAを最新バージョン(ドライバ: 9.1.0.15とBIOS: 1.47)に更新
  に伴い、何か変更される情報等はないか?
下記の様に回答致します。

質問1に対する回答:
動作します。今のところこの組み合わせで問題があったとの情報は得ておりません。
  
質問2に対する回答:
ドライバ、BIOSとも、パラメータがEMC殿デフォルト値に戻ります。

No.060306165203
 
貴社よりFC-HBA QLA2340-EMCの購入に関連して下記の質問があります。
■HBA搭載方法について
1.新HBA(QLA2340-EMC)をサーバに搭載するあたり、旧HBAのBIOSバージョンと異なってしまいますが新HBAのBIOSは、既存のドライババージョンで動作できるのでしょうか。また、動作が不可の場合は
2.ドライバを更新する
3.新HBAのBIOSを下げる(旧HBAに統一)
4.ドライバ更新+旧HBAのBIOSを更新する(新HBAに統一)
5.上記案が不可の場合の別対策
それぞれの可否・サポートの状況と、問題点等がありましたら教えてください。

■サポート対象外の記述について
現在、サポートされていないということは、旧HBA(現行のHBA)のバージョンはサポートしていないという意味合いで宜しいでしょうか。
また、サポート対象にするには最新のBIOSやドライバの更新をしなければならないのでしょうか。
下記のようにご回答致します。
■QLA2340-EMC FC-HBA搭載方法について
1.動作する可能性はありますが、BIOSの混在はEMCの承認外になります。
2.ドライバを更新する:動作する可能性はありますが、BIOSの混在はEMCの承認外になります。
3.新HBAのBIOSを下げる(旧HBAに統一):現行稼働中のシステムへの増設であるなら、既存環境に併せるのが無難であると考えますが、下記の「サポート対象外の記述について」で回答しております問題が生じます。
4.ドライバ更新+旧HBAのBIOSを更新する(新HBAに統一):最新のドライバとBIOSの組み合わせが望ましいです。
5.上記案が不可の場合の別対策:現在のところありません。

■サポート対象外の記述について
ここでいうサポート対象外とは、旧バージョンを使用していて何か問題がでた場合、メーカ調査の対象とならない可能性を意味しております。

No.060306164104
 
以下の製品を購入した場合、
最新のドライバとBIOSのバージョンはいくつになるかを教えていただけないでしょうか。 (Windows 2003 SP1 前提として)

製品
メーカー型番:QLA2340-EMC
製品名:FiberChannel HBA 全二重方式ファイバ・チャンネル
2Gbps 400MB/s 133MHz (QLA2340-EMC)

また、上記のHBAで以下のドライバとBIOSのバージョンは対応しているかどうかも重ねて教えていただきたいと思います。(Windows 2003 SP1 前提として)

ドライバ Version : 9.0.1.17
BIOS Version : 1.42
現時点(2006年3月6日)でのWindows2003SP1用の最新のドライバは下記の通りです。
 STORPort 32-bit (x86) driver:9.1.0.15
 SCSI Miniport 32-bit (x86) driver:9.1.0.10
 STORPort 64-bit (x64) driver:9.1.0.15
また、最新のBIOSのバージョンは1.47です。


また、ドライバVersion: 9.0.1.17、BIOSVersion: 1.42の組み合わせで、以前はサポートしておりましたが、今日現在(2006年3月6日)では、サポート対象外となっております。

No.060224111714
 
貴社のファイバーチャネル用2Gbps光メディアコンバータ(HSSDS - LC変換)型番:MIA2-HLを当社製品に組み込んで海外に輸出を考えていますがECCN番号を教えて下さい。
当社販売の2Gbps光メディアコンバータ(HSSDS - LC変換)型番:MIA2-HLは米国製で、ECCN番号は4A001です。製造メーカーは米国Stratos Lightwave社です。

No.060113180215
 
Qlogic社のファイバーチャネルHBA(QLA2310F-CK, QLA2310FL-CK, QLA2340-CK, QLA2340L-CK, QLA2342-CK, QLA2342L-CK)を海外に再輸出したいのですが、EAR(米国輸出管理規則)の再輸出規制ECCNのコード番号はどうなっているのでしょうか?
ECCNコード番号は下記の通りです:
QLA2310F-CK, QLA2310FL-CK, QLA2340-CK, QLA2340L-CK, QLA2342-CK, QLA2342L-CK .... ECCN code # 4A994

No.051209182952
 
貴社販売のLC-SCファイバーケーブルの最小曲げ半径について教えて下さい。
LC-SC光ファイバーケーブルの最小曲げ半径は下記の通りです:

最小曲げ半径 - 30mm(コード短径方向のみ)

 
[ 1 2 ]